FC2ブログ

Latest Entries

Design & Reason NHKホール(4月27日)

58379584_2186179421694355_7623820877456474112_n.jpg

4月27日(土)に、NHKホールへ槇原敬之さんのライブを見に行って参りました!

時代が平成から令和へ変わるタイミングも重なった今年のゴールデンウィークは、祝日の組み合わせの関係から前代未聞の10連休となりました。
僕はそんな中で10連休初日まで仕事でしたが、無事に終えられ、仕事上がりで向かいました。
僕がNHKホールへ行くのは昨年11月のmiwaさん以来です!
昨年のツアーに続いて、マッキーがNHKホールで公演を行ってくれるのは本当に嬉しい限り♪
やはりそれは、昨年使ってみてとても良かったからだろうなと思ってみたりするものです。
そして、この日一緒だったのは、昨年再会して以来順調に会う機会を増やせてきた高校時代の同級生☆
今となっては学生時代の同級生で唯一交流している関係であり、とても貴重な存在です。

何気に昨年と全く同じ4月27日にNHKホール公演を行っていて、尚且つ僕が同じように見に行けてるのは、偶然と言えどご縁を感じてしまうものです。
昨年はアルバムを引っ提げず、往年の名曲ばかりを集めたタイムトラベリングツアーでしたが、今回は今年発売されたニューアルバム「Design & Reason」を引っ提げた全国ツアーです☆
マッキーのツアーは昨年、一昨年とよこすか芸術劇場へ初日公演を見に行ったものですが、今回のツアー初日は違う会場で、見に行かなかったので、この日の公演が今ツアー初となりました。
だから本当に楽しみにしていました!

事前の抽選で応募したのが当選して見に行くことができましたが、やはり通常の会員でも申し込める先行抽選だから座席に全く期待できないもので、思いっきり3階席の真後ろという結果に・・・。
それでも、NHKホールはステージまでが近く感じられて、見やすさもあって良いホールだなって☆

58939865_2186179465027684_1472070027472535552_n.jpg

開演定刻18時より5分程度してから開演となりました!
入り出しが思わぬ形での演奏であり、序盤から素晴らしいほどの音の良さに感動♪

昨年はタイムトラベルだったけど、今年はアルバムを引っ提げてのツアー☆
新しいのも古いのも用意していると!
そして、いつものように自身のライブのルールについて話しておりました。
立って見ても良いし、座って見ても良いし、自分の好きなように楽しんで欲しいと、だけど後ろの人も見えるように配慮をして欲しいと(笑)。

こう話した直後の演奏曲は、初期のアルバムの曲であり、かなり久し振りだったご様子♪
僕がライブで聴くのは当然初めてであり、まさかこれを聴く日が来ようとは・・・!!
その後もニューアルバムの曲を中心に昔の曲も交えた構成であり、コアなファン向けの選曲ながらも知っている曲が結構あって嬉しくなりました☆

ここで、ドラムの屋敷豪太さんが療養中とのことで、ピンチヒッターとして森靖さんに来てもらっていることが伝えられました。
ケガをしてしまったようで、復帰するまでドラムはマシンにしようかとも思ったけど、短い間に全ての曲を覚えてくれたのだとか!
頼もしいピンチヒッターだなと思わされましたわ♪
そして衣装は昨年に続いてBEAMSさんにお願いしたとのこと☆
メンバーそれぞれの衣装も紹介し、是非ともBEAMSさんに行ってと(笑)。

中盤戦はアコースティックコーナーでした。
それぞれの曲についてのエピソードを話し、バウロンやマンドリンなどの独特な楽器も用意していました♪

アコースティックの後はお話するコーナーでした。
今年で50歳を迎えるマッキーは、さすがにこの歳になって「高齢者」という言葉が身に沁みるのだと・・・。
みんなも歳を取るわけで、これからはトイレにも行けるように変えようと思っているとか。。。
関係者席だと行きづらかったり、立ちにくかったりする所も変えて行こうって。
そんなわけで、昨年のツアーと同じように何人かがトイレへ向かっていました(笑)。

どうやらマッキーは、学ばせるためにと母親にiPhoneをプレゼントしたのだとか!
そこから母親もラインを使うようになり、今ではスタンプも自分で買ってバシバシ送るようになったと。。。
母親の名前は槇原スズエさんとのことで、「え」が付かなかったら平成的な名前だったなとも(笑)。
あと、誕生日が5月18日で同じなのだとも・・・!
誕生日おめでとうのラインが前日の17日に届き、明日であることをやさしく返してみたら、分かっちゃいるけど言っとくよと返って来たご様子。。。
その母親の話だと、マッキーは69年の夜11時36分に大雨と雷の中で生まれたと☆
そして父親の名前はヒロユキさんで、妄想癖が強いとも(笑)。

自分が生まれる前のことを考えた。。。
自分はヒロユキとスズエの間に生まれて、ピアノを習うことでいじめられるぞとか、こんな仕上がりになるぞとか言われても、歌って共感してもらうためにもこれで良いですと、自分で言ってこうなったのだろうと。
竹内涼真だったら「もう恋なんてしない」と歌っても聴いてもらえない(爆)。
この顔だからこそ共感してもらえると、自分で決めて飛び出したのだと。
何が本当かウソかではなく、自分がどう思うかである。
それぞれの形にはそうなる意味があるのだろうなと・・・。
そんな意味合いを込めて今回のアルバムを制作したと☆

長いフリートークの後に演奏されたのが、この曲だけは世に出して良いかどうか迷ったという曲。。。
トピックにムカついてたことから書いたとのことで、僕も初めて聴く曲でした。
それに合わせるようにアルバム曲へと流れて行って、これはコミックソングを狙って続かせたなと(笑)。
そんな感じで後半戦は始まって、以降続けて演奏されていました♪
こうして本編は終了して行きました。

アンコールもお約束通りあって、アンコールをもらえたらこの曲を演奏しようと思っていたと話して、演奏されたのは初めて聴く曲でした。
そして大トリはいつも通りの恒例で、代表曲の「どんなときも。」でしたと!
アンコール含めて2時間半程のライブでした♪

全体的な流れとして思ったのは、昨年が往年の良いとこ取りであったのに対し、今年は引っ提げられたニューアルバムの曲を中心に過去の曲からもセレクトする形で、知らない曲もそれなりにあって、選曲的にコアなファン向けの印象でした。
マッキーのことをあまり知らない人からすれば取っ付きにくいかもしれないけど、演奏も含めて全体的な完成度がとても高かったなと思いましたね。
途中のトークでは若干喉の調子が悪そうな様子を見せながらも、歌ではそれを感じさせないほどに伸び伸びと美声を響かせていました!
これは本当にすごいなと思ったし、音響が格段に良かったのもとても印象に残りましたね♪
コアなファン向けの選曲でありながらも、知っている曲が多くあったのが嬉しかった☆

自分にとっては、平成で見に行く最後のコンサートとなりました。
平成最後のコンサートは、高校時代の同級生と見に行って、とても思い出深いものとなりました。
令和になっても、こうして音楽を楽しめる平穏な世の中が続いて欲しいなと願うばかりだなって♪
そう思った、この日の夜でした・・・☆

58381659_2186179488361015_3415056422650511360_n.jpg
スポンサーサイト

2nd E.P Release Live 『at TWO』 -追加公演- SPACE ODD

57909091_2184975108481453_6056740839047036928_n.jpg

4月25日(木)に、渋谷のライブハウスSPACE ODDへ竹内アンナさんのライブを見に行って参りました!

竹内アンナさんは、昨年デビューした新人の次世代型シンガーソングライターです♪
ラジオでその存在を知り、その歌声はYUIさんと聴き間違えそうになってしまうほどYUIさんを彷彿させるものであり、スモーキーな風味も感じさせるソフトな甘い歌声がとても印象に残っていました。
そして更に調べてみると、どの楽曲も音楽としての本質の高さを感じられ、これから確実に伸びて行きそうな気がするし、小規模なライブハウスで見るなら今の内だなと、見れる時に見ておくべきだなと思い立って、考えた末に見に行くことを決め、チケットを購入しました♪

58883083_2184975075148123_7258928092440166400_n.jpg

完全に初めて見る新人さんだし、加えて会場もこれまで名前すら聞いたことなかったライブハウスです。
だから本当に未知の領域へ踏み入れるような気持ちで会場へ向かいました(笑)。
入口のロビーでCDとグッズが売られていて、噂には聞いていたサイン会をこの日もやる旨が書いてあったので、CDを1枚購入しました!

DSCF6183.jpg

当初関西限定で発売されたという「alright」♪
更にワクワクが高まりました☆

事前にトイレを済ませようとしたらえらく並んでいて、それに時間を取られてしまい、加えてオールスタンディングだからかなり後方になってしまいました。
だからステージが見辛い場所で・・・。
まあそれでも、ステージを映し出すテレビもあったからそれだけでも良かったかなと。。。

トイレが並んでいたことも影響してのことか、定刻の19時より10分程度経過してから開演しました。
今回は一切メモを取らなかったので、ここからは簡単にまとめさせて頂きます。

思ったこととしては、やはりライブハウスということもあって、生演奏感を強く感じられたということ♪
ラジオや動画サイトで聴いていた歌声がそのままであり、アメリカ生まれであることから、英語詞の発音の良さは折り紙付き☆
ネイティブレベルの発音の良さだなって!
そして、印象に残ったのはギターがとても上手かったこと♪
弾き語りの時に激しくかき鳴らす場面は意外性を感じさせられ、技術力の高さを思い知らされました。
そのほかにも、途中に挟むトークは受け答えがとてもしっかりしていました。
MCは人によって得意不得意がはっきり分かれるもので、苦手な人はグダグダになることが多く、でもそれが意外とその人の持ち味になったりするものだし、話せる人はちゃんと中身のあるしっかりしたことを毎回話し、引き出し方も上手くて面白かったりするものです。
例えるなら、YUIさんやリトグリのアサヒさんは前者に分類され、達郎さんやマッキー、ゴスペラーズ、miwaさん、そして今回の竹内アンナさんは後者に分類されるなって♪
あとね、歌声だけでなく、その話し声についてもYUIさんに似通った部分を感じられ、やはり声自体がYUIさんに似ているのだなと、トークを聞きながら思わされたものですね。
YUIさんのようなグダグダMCとは全然違うけど・・・そこは黙っておくか(爆)。
発表されたのが、メジャーとして自身3枚目のCDが発売されるということ!
そのタイトルが「at THREE」なのは案の定だと(笑)。
そして、それを引っ提げたツアーを行うことも発表されました♪

演奏曲は、新曲も含めたオリジナルと洋楽カバー等で構成されていました。
本編終盤に、聴きたいと思っていた「alright」と「Free! Free! Free!」が出てきました!
お約束のアンコールもあり、最後の最後にギター弾き語りのみで「alright」を再演奏していました♪

終演後にサイン会があり、近くで見る本人は思った以上に小柄で華奢な印象を受けました。
ステージや動画等で見た感じでは結構大きく見えたから意外で(笑)。
多少話もできて、握手もしてもらえて大満足☆

DSCF6184.jpg

彼女にとっての21歳の誕生日でもあったこの日、迷った末だったし、仕事上がりのオールスタンディングで背伸びしながらだったから疲れたけど、見に行って良かったなと思えました!
これからますます伸びて行くだろうなと期待が集まりますね♪

DSCF6182.jpg

会場出口で配られていたチラシは、まさにこの日のことがリアルに書かれたタイムリーな内容☆
号外と書かれている点でも貴重なものを感じさせ、右上の「TAKE Free! Free! Free!」という書き方は実に上手くシャレを効かせているなと(笑)。

恐らく平成最後の投稿

現状では、見に行ったコンサートについて記録することが中心の当ブログ。。。
今年に入ってからはリトグリとmiwaさんしか見に行っておらず、以降現時点まで見に行けてないから、ここに書く内容がなくて、広告が出ないギリギリのタイミングでとりあえず生存報告(笑)。
何しろ、かつてと違って簡単な内容は携帯から気軽に投稿できるInstagramやFacebookに書いてしまうから、見に行くコンサートがないとブログはこうなってしまいがちです。
でもまあ、これから徐々にまた色々見に行き始めるから、それに伴ってブログも書いて行きますよ!
見てる人はほとんどいないとしても、記録をまとめるために敢えて続けているわけですからね。
ちなみに明日見に行きますが、完全に初めての新人さんです。
その人は今後伸びて行きそうで、小さいライブハウスでのライブは貴重になって行くと思いますからね☆

とうとう平成という時代も終わるまで1週間を切ってしまいました。
4月1日に新元号「令和」が発表されました。
注目度も高く、しかもエイプリルフールも重なったタイミングだから、それにちなんだウソ情報も氾濫したものだけど、テレビで中継された発表内容にウソはありませんでした(笑)。
見事に4月1日の午前中と言えど(^_^;)
実質最後の昭和生まれの僕にとっても、リアルで元号が変わるのを経験するのはほとんど初めてのようなものであり、「令和」と聞くと昔の元号に先祖返りしたような錯覚を覚えてしまうものです。
でも、これから徐々にそれにも慣れて、平成が過去のものになって行くのだろうなとも。。。

そんなわけで、今回が平成最後のブログ更新になる見込みです。
新しい時代が良き時代でありますように・・・☆

miwa concert tour 2018-2019 “miwa THE BEST” 日本武道館

53781336_2160421760936788_8124911116993167360_n.jpg

3月15日(金)と16日(土)の2日連続で、日本武道館へmiwaさんのライブを見に行って参りました!

昨年9月に八王子でスタートした、ベストアルバムを引っ提げた自身最大規模の全国ツアーも、とうとう最終地の武道館公演までたどり着くことになりました。
八王子で初日公演を見に行くことができ、念願のNHKホールもあり、昨年末に市川で見て、今回の武道館公演2日間を加えたら、僕が今回見たのは計5公演です!
3年前のバラコレツアー4公演を抜いて、miwaさんのツアーとして最も多く見に行くことになりました♪
何より、僕は今回だけでなく、miwaさんの歴代武道館公演を完全にコンプリートしているというね(笑)。
2013年の初武道館、2015年のアコギッシモ2日間、2016年のバラコレツアー2日間、2018年のミワサンキューデー2日間、そして今回のベストアルバムツアー2日間と、計5回、公演回数としても9公演行われていますが、僕は現在までにそれら全てを見に行けました!
これは狙ったわけでもなく、結果的なものでもあるけど、長く応援し続け、共に歴史を辿ってきたと思うと感慨深いものがありますね・・・。

そして、僕が武道館に訪問するのは先月のリトグリ2日間に続いてのこと。。。
思い返してみたら、リトグリの昨年ツアー初日も八王子であり、miwaさんに続いて公演を行っていたもので、それぞれの最初と最後が同じ場所だと思うとちょっと不思議なご縁を感じてしまうものです。
先月のリトグリ武道館は昨年ツアーと別扱いではあったけど、ツアーの内容も織り交ぜた構成だったことを考えるとちょっとばかしの延長とも捉えられたから・・・。

53766549_2160421820936782_3533610147223961600_n.jpg

今回のツアーは年またぎで行われ、1月にブランクを挟んで2月に再開しました。
5公演全てFC先行でチケットを入手しましたが、年をまたいだことで年明け前と年明け後でチケットデザインが変わりました☆
これはちょっとばかし期待していた予想が的中でしたね(笑)。
市川で見てから丸3ヶ月であり、昨年にアコギッシモなどで合計8公演、しかも続けて見に行ったものだから、3ヶ月のブランクでも長く感じてしまいました(^_^;)
ほかにも、ここ最近はコンサートをあまり見に行ってなかったから、本当に待ちに待った武道館公演!
加えて、2日間共アリーナ席でステージから3列目という超良席に恵まれました☆
これは本当に、2日間合わせて今までで1番と言って良いほどの幸運でしたね♪
ちなみに場所的には1日目が左方、2日目が右方でほぼ左右対称の位置でした。
こんなこと二度となさそう(笑)。

2日共定刻より5分程度してから照明が落ちて開演しました。
「chAngE」でスタートして「Faith」、そして日替わり曲へ続いて行く流れはそのままでした♪
ステージセットも、これまでのホールからアリーナクラスの武道館にスケールアップしましたが、ホールの時と全く同じであり、やはり同じツアーとして続いているなと安心させられました☆
ここでの日替わり曲は、1日目が「リトルガール」、2日目が「FRiDAY-MA-MAGiC」でした。
1日目が金曜日公演だったことを考えると逆の方が良かったのではないかと思ってしまったのは僕だけではないはず(^_^;)

楽しんでますか~?
もっともっと盛り上がって行けますか~??
男子~!女子~!男子~!女子~!全員!!

そして「君に出会えたから」、「ミラクル」、「360°」と、タオル回しや振り付けで大盛り上がりする曲が続くのも変わらずでした♪
前半に随分とタオル回しを集中させていて、それは外が寒かろうとヒートアップしますよ!!
やはり思うこととしては、夏のサンバ2曲はライブで欠かせないなということ☆
「ミラクル」が出たらいつも嬉しい気持ちにさせてもらえて、会場全体が幸福感いっぱいの空気に包まれますからね♪

毎回3月に武道館公演をやることにとても意気込みを感じているご様子☆
やはり特別な場所であり、お客さんとの距離も近いから好きだと♪
そしてとうとう30本に及ぶツアーもファイナルであり、メンバーも待っていたとか!
あと、どうやらmiwaさんが武道館に訪問するのは今月3回目であり、1回目はオードリーのイベントで、2回目はユーミンさんのライブとのこと。。。
今回の2日目公演にはオードリーの若林さんが来てくれてるとも☆
毎年武道館でライブをやらせてもらってきたけど、どうやら武道館は今年から改修工事に入ってしまうとのことで、来年3月には使えないのだとか・・・。
だから、初めての人にも、いつも見に来てくれている人にも最高の日になるようにって♪
そのほか、初めての人はまゆみっくすやアリーナの人、前の人などの動きを見ながら踊ってとも話していました(笑)。

1日目は「Kiss you」、2日目は「Faraway」を演奏♪
いずれも近年あまり演奏されてなかったシングル曲であり、久し振りの演奏です!
しかしながら、同じ1枚のシングル曲で日替わりにしていたことに気付いたのはこうしてレポートを書いている時のこと(笑)。
その後は定例通りのじっくり聴き入るバラードコーナーで「ホイッスル」、「片想い」へと流れました。

ここからは座って聴いてください。
これまでバラードでは色んな感情を書いてきた。
思いを伝えられない切ない気持ち、好きだという気持ち、温かい感情、一緒にいたいけど別れなければいけない、忘れられないなど・・・。
大切な人を思い浮かべながら聴いてください。
そう話して演奏されたのが日替わり曲で、1日目がデュエットソング「夜空。」、2日目が「オトシモノ」♪
これに続くのが「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」でした。
この曲は前向きな直球のバラードナンバーであり、聴く度に熱く込み上げてくるものを感じさせられます。

ここで映像が流れました。
その内容は、生まれた時から現在に至るまで、秘蔵写真を交えた構成☆
夢に向かって歩き始め、デビューして多くのかけがえのない出会いを経験し、現在に至っていると♪

後半戦1曲目は、ギター弾き語りで、デビュー曲の「don't cry anymore」でした。
力強いギター演奏と共に、アコギッシモを彷彿させました!
そして、デビューから一緒にやっているejiさん、オバタさん、よっちさんの4人で演奏すると話し、アコースティックで演奏されたのが、これからの季節にピッタリな「めぐろ川」♪
その後は他のメンバーも再登場し、「441」、「ヒカリヘ」、「We are the light」へと続きました。
やはり「441」はアコギッシモに限らず絶対に欠かせないよな~♪♪
「We are the light」は、キーが高めなmiwaさんの中でも特に張り上げる部分が多く、音域も広い曲だから、毎回大変だろうなと思うけど、最後にはロングトーンでビブラートを効かせて歌い切っていました!
光の演出と共に素晴らしかった☆

幼い頃から歌うのが好きで、ステージでみんなの前で歌うのが夢だった。
15歳でギターを弾き始め、作詞作曲を行うようになり、17歳の時に自転車で下北沢のライブハウスへ行き、自らブッキングして弾き語りでライブを行うようになった。
そして19歳でデビューを果たし、素敵な仲間たちに出会うことができた。
デビューの時からの人、「ヒカリヘ」がきっかけの人、そして最近からの人もいて、みんなが照らしてくれた光で、私は今ここに立っている。
みんなが照らしてくれた光のおかげで、9年続けてこれた。
これからも私の歌が、みんなを照らす光になれるように、これからもみんなともっと最高の景色を見られるようにという気持ちを込めて、最後の曲を歌います。
そう話し、「アコースティックストーリー」が演奏されました♪
バンドバージョンで明るくポップに変貌を遂げても、これまでに一歩一歩前に進み続けてきたから今があるというmiwaさんからのメッセージにグッと来るものです☆

アンコールではツアーグッズを沢山身にまとって登場しました!
新しいグッズも紹介していましたね。
バスタオルは結構大きめで、miwaさんよりも大きそうな印象でした(爆)。
2日目は千秋楽と言うことで、メンバーから感想や好きになった曲などを伺っていました。
思ってしまうのは、オバタさんとejiさんは何かと持ち上げられるのに対し、ドラムのよっちさんはいじられる傾向があるということ(^_^;)
ejiさんと結婚してからそれが余計に強まったように思えますね。。。
そのほか、曲の並び方によって演奏する時の気持ちや力の入れ方や表現性等も違うとのことで、結構奥が深いなとも思わされました。

定例の記念写真撮影後、今回のツアーで毎回やっている携帯での撮影タイムもありました☆
今回は2日間共3列目だったから今までで最も近い写真を撮れました!
SNSにアップしても良いと話し、一緒に自分もインスタを始めた旨を話していました♪

そしてアンコール1曲目は、洋楽テイストの最新曲「RUN FUN RUN」でした!
年明け前に演奏されていた「タイトル」と同様、PVをバックに演奏されていました。
その後は1日目が「シャイニー」、2日目が「ストレスフリー」でしたが、以降は同じ流れで大盛り上がりの「春になったら」へと続きました。
そして、全員合唱での「結」で大トリとなり、終演して行きました☆

サプライズでの何かしらの発表に期待してた所だけど、今回はありませんでした。。。
そうなると、しばらく一般のツアーはないのかな・・・?
この1年間続いていた故に、ちょっと寂しさを感じてしまうものだけど、自身最大規模のツアーを無事に乗り切ったわけですから、しっかり休んで、また新しい曲を作って、次に備えて欲しいですね!
恐らく今年はFCイベントの39ライブも行うのではないかな・・・♪
あと、来年の3月は武道館公演を行えなくても、どこかしらでライブを行ってくれることに期待します☆

53685661_2160421987603432_8865753530573520896_n.jpg

3周年

ブログキャリア13年になりました。
旧ブログより移転してからも3年になりました。
当初は17歳の高校2年生であった僕は、今や三十路にまでなってしまいました。
社会人デビューしてからも丸10年に当たるタイミングであり、こんなにも時間が経ってしまったのだなとしみじみさせられるものです。

辛いこと、楽しいことなど、本当に色々あったものだな。。。
挫折を経験し、トラウマを背負ったりもしたし、色んな出会いもあり、甘酸っぱい出来事もあったし・・・。
それらのことを経験した上で、結果としては今現在の自分が出来上がっている。
それらが人間としての奥深さを作っているのだなって・・・。
今になるとそのことに気付かされるものです。
若い頃に戻りたい気持ちもあるけど、当時のような辛い経験を再びするのは嫌だという気持ちもある。
結果としては今が一番充実していて、気持ち的な余裕もあるのかなと思うものですね。

そうとは言うものの、まだまだ理想には程遠いのが現状。。。
今の自分に欲しいのは、やはりご縁かな・・・。
性格上、自分1人ではなかなか難しいけど、いつか実現できればという気持ちを込めて・・・☆

Little Glee Monster Live in BUDOKAN 2019~Calling Over!!!!!

51697006_2137070913271873_1116757712470802432_n.jpg

2月5日(火)と6日(水)の2日連続で日本武道館へ☆
Little Glee Monsterのライブを見に行って参りました!

昨年の全国ツアー開催中に発表された、彼女たちにとって2年振り2度目の武道館公演♪
昨年ツアー同様にチケットが即完売し、今年発売されたニューアルバム「FLAVA」はオリコン初登場1位を記録するに至りました!
彼女たちの人気がいかに上昇したかが伺えます。
そして僕自身も、一昨年の9月にパシフィコ横浜で彼女たちの生のパフォーマンスを初めて見て以来、アルバムは全て揃え、曲の知識は倍以上になりました。
コンサートで演奏される曲はほとんど知っている曲になってしまうほどであり、本格的に聴き始めてから1年半も経過してない自分も、すっかりガオラーの仲間入りを果たせたなと☆
小田さんや達郎さんのファンをやりながらガオラーも兼任という、我ながらすごい結果になったなと(笑)。

1日目は1人で見に行くことにし、サイドバック席から見るとどんな感じかなと確かめる意味でも敢えてサイドバック席を選んでみました。
そして2日目は通常の指定席で、母と一緒に見に行きました♪

リトグリが初の武道館公演を行ったのは2017年1月8日のこと。。。
当時からアカペラもできる実力の高いグループとして注目こそしていたものの、まだライブを見に行くまでは踏み込めていませんでしたからね。
あの時は6人体制で麻珠さんもいました。
見に行っておけば良かったなと思ってしまうものですな(笑)。。。

コンサートは昨年末にゴスペラーズを見て以来だから、今年初めてです!
小田さんで初めて本格的なコンサートを初体験してから早10年、今やすっかりコンサートを見るのは趣味の一環になったものですが、これまでを振り返ってみても、1月は参加率が少ないものだなと。。。
そして、昨年はリトグリの横浜アリーナが年内初ライブだったから、昨年に続いてリトグリが年内初ライブという結果になりました♪

51444050_2137070939938537_3744896587994759168_n.jpg

2日共開演定刻より5分程度してから照明が落ちてたかな・・・?
オープニング映像が映し出され、メンバー全員登場してオープニング曲からスタート!
Callingツアーとはまた違う新たなオープニング曲が作られていました♪
しかし、そのオープニング後の1曲目でいきなり「好きだ。」を持ってこようとは・・・!
それに続くのが、初武道館の時に1曲目だったというデビュー曲「放課後ハイファイブ」、そしてその次は日替わりで、1日目が「CLOSE TO YOU」、2日目が「青春フォトグラフ」でした♪

やってきました武道館!!
みんなの顔が見えてるから、真顔は禁止とか、ハナクソほじってたら見えるよとか(^_^;)
かつて武道館でYUIさんも同様のことを言ってたなと思い出しましたわ(笑)。。。
2日目は午前中に雨が降っていて、2年前の初武道館の時も雨だったとのことだけど、この日は雨がやんでくれたから安心して出てくれたと♪
私たちは晴れ女だって(笑)。
そして、タイトルの「Calling Over」は、ライブをする度に自分たちを超えて行きたいという気持ちを込めていて、そのためにはどうすれば良いかを5人で話し合ってきたとのこと☆
それぞれの受け取り方で楽しんで欲しいと♪

この後は続けて演奏されました。
ロック風のアップナンバー「青い風に吹かれて」、「Feel Me」をバックにしながらのかれんさんのダンスパフォーマンス、「NO! NO!! NO!!!」、英語詞の「Catch me if you can」、「Get Down」といった流れ☆
Callingツアーを彷彿させる流れでした。
これ以降が変化球で、アレンジを変えた「明日へ」、ニューアルバムから「I BELIEVE」と続きました!
「明日へ」はイントロでは分からないようにアレンジされていて、サプライズ感がありましたね。
バンドメンバーのパフォーマンスを経て、衣装チェンジして再登場し、ニューアルバムから「ハピネス」が披露されました♪

ここからは次のアカペラまでフリートーク☆
まさかの2日間平日公演であり、学校帰りの人とか、仕事上がりの人とかが多くてみんな疲れてると思うけど、吹き飛ばしてって♪
この中には学校をさぼってまで見に来てる人もいると思うけど怒らないって(笑)。。。
MAYUさんのこの言葉を聞いてドキッとさせられた人もいそうな・・・。
1日目はみんながどこから来たかという質問を会場へ投げかけ、一番遠い場所はどこかという質問には北海道と沖縄が出てきてたけど、日本以外はどこかという質問も投げかけていました。
それに対しては香港とかベトナムとか飛んでたけど、こういうのって大抵ウソが含まれてそうな気がしてしまうのは僕だけではないはず(^_^;)
2日目はまた違った調査をしていて、男子、女子、ちびっ子、メガネ、コンタクトとか色々・・・。
メガネ取ったらかわいいじゃんとか言われたいって(笑)。
そのほかは学生とか社会人とか主婦とかを調査していました。
主婦の人たちは旦那さんから「働いてない」という感じで感謝の言葉をあまり言われないだろうけど、スーツが綺麗なのは誰のおかげだと思ってるのって(笑)。。。
お父さんはATMじゃないからね~って、それは言っちゃアカンでしょ(爆)。

こういったフリートークが繰り広げられた後、今回の武道館のために作ったという、原点が詰め込まれたアカペラメドレーが披露されました♪

「Let's Grooooove!!!!! Monster」Opening
Don't Worry Be Happy
JOY
My Best Friend
人生は一度きり
春夏秋冬
SEASONS OF LOVE


Callingツアーを彷彿させながらも新たに作られたアカペラメドレーであり、「My Best Friend」と「春夏秋冬」は「Joyful Monster」収録曲の中でも個人的なイチオシの曲♪
だからメドレーの中で少しでも聴けて良かった☆
「SEASONS OF LOVE」も生で聴けて感動!
manakaさんの超高音の歌声が素晴らしかった♪♪

アカペラの後は、ニューアルバム収録のモータウンサウンド「恋を焦らず」、そしてアレンジを変えたシングル曲の「ギュッと」が演奏されました。
「恋を焦らず」はニューアルバム収録曲の中でも特に完成度の高い力作と言うべき曲であり、聴きたかったから本当に良かった♪
「ギュッと」はアコースティック的なシンプル目のアレンジになっていましたね。

ここまではじっくり聴いてもらったけど、次のコーナーではみんなに汗をかいてもらおうと言うことで、盛り上がりの後半戦がスタートしました!
振り回すのは凶器でなければ良いって・・・怖い怖い(^_^;)
そんなわけで「だから、ひとりじゃない」、「OVER」、そして「SAY!!!」が続きました!
「SAY!!!」はライブで必ず演奏されるタオル回しと掛け声の大定番曲であり、ポジティブな歌詞の内容も相まって、聴いてて元気が出る曲だなと♪
他2曲についても、今後ライブで必ず出てくる定番曲になるのではないかなと思いますね☆

本編最後は昨年のヒット曲「世界はあなたに笑いかけている」でした♪
2日目は交互に全員合唱するほどの一体感が生まれていました!!
素晴らしかった☆

アンコール1曲目は「はじまりのうた」でした。
この曲の後はフリートークで、1日目は北西や南東などの方角ごとに呼びかけを行っていました!
「なんざい」とか「きたにし」とか読み方はバラバラだったけど(^_^;)
最後に「アリーナ!」とアサヒさんが呼びかけ、その言い方が幼稚園児みたいだとのツッコミが(笑)。
そして2日目は、もしインフルにでもなってしまってちょっとしか来てくれないかもしれないとか思ったから、こうしてみんな来てくれてよかったと話していて、僕も同じ気持ちだったなと思わされましたね。
僕も、昨年は型違いで異例のインフル2連発をやられてしまったものだから、2日間共無事に見に行けるかどうか本当に不安でした。
だから本当に、2日間共無事見に行けて良かったなって思いましたから☆
あと、この日はアサヒさんがやたらと「健全な気持ち」とか繰り返してたけど、一体何かいかがわしいものでもあったのだろうかと思ってしまう(^_^;)
そして、1日目はアサヒさんの左奥歯が痛くなった記念、2日目はみんなが健全な気持ちを持ってきてくれたことからという理由で、次の曲が写真OKだと話していました。
両方共明らかにこじ付けの理由であることは言うまでもない(爆)。

そんなわけで、ニューアルバム収録の「MY BRAND NEW DAY」が演奏されました!
そして、もう次で最後のだと話した上で「Jupiter」が丁寧に歌い上げられました。

5人で武道館に立てて嬉しかった!
5人になってから、すごい大きなステージが増える中で、色んな壁にぶつかって、1人1人悩みはあるけど、5人だから乗り越えられてきたと改めて感じた。
4人に支えてもらったこともあったし、みんなのおかげでやってこれた。
また次に会う時までにみんなに頑張ってもらえるように、みんなにとっての原動力になれるように、キラキラの笑顔がまた見られるように、私たちも頑張って行きたいと☆
人それぞれ悩みは違うけど、私たちがいることを忘れないでって♪
最後に芹奈さんが泣きそうになりながら話していたこれらの言葉は、純粋な気持ちであり、とても素晴らしく、聞きながら熱く込み上げてくるものを感じさせられましたね。
そして、エンディングの「Everything could be your chance」が演奏され、エンディングの映像が映し出され、2時間半に及ぶライブが終演して行きました!

51496068_2137071143271850_8470526250539024384_n.jpg

彼女たちの成長を実感させられたし、やはり彼女たちにとっても特別な場所であること、そしてこの日のためにどれほど思いを込めてパフォーマンスをしているかが本当に伝わってきました。
パワーのある歌声に何度涙腺を緩まされたことか・・・♪
アカペラメドレーは和製ドゥーワップ的なクオリティーの高さであり、しっかり聴き入らせて頂きました。
演奏曲も全て知っている曲であり、本格的に聴き始めてから1年半も経過していない自分も、今ではすっかりガオラーの仲間入りを果たせたのだなと思えて嬉しくなりました☆
2日間見に行って本当に良かったなって思わされました♪

今年はいつぐらいから全国ツアーを行うことだろう・・・?
これからがますます楽しみだなって思わされますね!!

51526247_2137071203271844_3415024180331020288_n.jpg

平成31年書き初め

49192854_2115147735464191_7881908275476692992_n.jpg

今年は1月2日に実行できていたものの、ブログに上げるのを忘れていたことに後から気付きました。
そんなわけで今年の書き初めです!
今年は「実現」にしました♪

Appendix

プロフィール

とれいん

Author:とれいん
神奈川県横浜市在住
1988年7月生まれ
男性

俳優
 堀北真希
 比嘉愛未

音楽
 小田和正
 山下達郎
 竹内まりや
 槇原敬之
 miwa

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる