Latest Entries

堀北真希さん29歳☆

DSCF4721.jpg

真希ちゃんが29歳のお誕生日を迎えました!

よくよく考えてみたら、真希ちゃんの存在を知り、ファンになってから今年で丁度一回りであることに気付かされました。
あの当時16歳の高校生であった真希ちゃんも、とうとう三十路手前となりました。
僕が小学生だった当時に生まれた年代が続々と20代へ入って行き、そうとなれば僕らの年代は更に歳を取るわけで、1つ上の年代でさえどんどん三十路の波に飲まれて行ってるのが現状です。
何しろ、今や21世紀も17年目で、中学生はもちろん、高校1年生まで全員21世紀生まれですからね。
当然のことながら、真希ちゃんが現役高校生だった時代も今は昔であり、今や第1子の母親です。
そういう時代なのだなと痛感させられるものですね。

握手会が頻繁に開催されていた当時に入手した多くの直筆サイン入りグッズも、今となってはそう簡単に手に入らない貴重なものです。
ファンを続けてきた結果、本人に自分の名前を書いてもらえる奇跡にも恵まれました。
その生写真が当選し、嬉しかったことは忘れません☆
結果的には、あれが僕にとって最後のサイン入りグッズになりましたね。

今年3月に正式に引退を発表したものの、実際に芸能活動をセーブするようになったのは昨年の春であり、そこから真希ちゃんは表舞台から姿を消しました。
あれからもう1年半も経過しています。
今は子育てに専念しているわけだけど、ある程度落ち着いてきたタイミングで、舞台俳優としてマイペースな復活をしてくれたら嬉しいな・・・☆
それがファンである僕にとっての小さな望みです♪
また元気な姿を見れる日が来ることを願って・・・☆☆

お誕生日おめでとうございます!
スポンサーサイト

Let's Grooooove !!!!! Monster パシフィコ横浜国立大ホール

DSCF5505.jpg

9月18日(月)に、パシフィコ横浜国立大ホールへLittle Glee Monsterのライブを見て参りました!

リトグリのライブは今回が完全に初めてです。
全員が10代の女の子なのですが、メンバー全員がそれぞれにとても歌が上手く、アカペラもできてしまうなど、レベルの高いグループとして前から注目していました。
そのレベルの高さからは、第2のゴスペラーズの呼び名も強いほど・・・!
そのことから、1度はライブを見に行きたいと思い続けていました。
そこで、今回の秋のツアーでの横浜公演を申し込んだ所、チケット入手でき、初参加に至ったのです☆

僕がパシフィコ横浜国立大ホールに訪れるのは、2008年12月のマッキー以来実に9年振りのこと・・・。
クリスマスイブの日に行われたクリスマスコンサートで、小田さんで初めて本格的なライブを経験した年の年末のことであり、当然のことながら初めてのマッキーライブでした。
あれから9年経過し、当時二十歳であった僕は、今や29歳と、三十路目前にまでなってしまいました。
あれから色んなコンサートを見てきた僕ですが、同じ横浜在住ながらもこの会場にはなかなか縁がなくて、いつの間にかこんなにも時が流れてしまっていましたね。
従って、ここでライブを見ること自体未だ2回目ですが、当時のマッキーと同様、今回のリトグリライブも完全に初めてという共通点で、ちょっとご縁を感じるものがあります☆
ちなみに近くにある神奈川県民ホールについては、達郎さんで定番であることに加えて他の方々のライブでも縁があった為、パシフィコと比較にならないくらい多く訪問しています(笑)。

パシフィコ横浜国立大ホールは5000人規模と、東京国際フォーラムのホールAと同じくらいの規模であり、ホールでありながらもとても大きい会場です。
あの当時はそういうことを全然気にしてなかったけど、達郎さんで1500~3000人規模の会場でのライブを色々経験した今となっては、如何に大きい会場であるかが見て伺えるものですね。

僕は、リトグリについて、前から注目していたことからアルバムこそ買おうと思ったことがあったものの、結局の所買わないままでした。
シングルも当然買うことはなく、現在の時点で、僕はリトグリのCDを1枚も持っていません。
YouTubeでPVやライブ映像等を見た程度であり、曲もほとんど知りません。
ですが、実力は確かなものだし、事前の期待の高さから、この時点ではあえてアルバムを買わないようにし、予習等を一切せずに挑むことにしました。
そしたら、やはり当然のことながら知らない曲ばかりだったものの、序盤からメンバー全員の歌唱力の素晴らしさ、声の良さ、コーラスワークに惹き付けられましたね♪
それぞれになめらかで甘い歌声は聴く人を惹き付けるものがあり、本物だなと思わされましたよ。
知らない曲ばかりとは言え、序盤からレベルの高いパフォーマンスに涙腺緩みっぱなしでした(笑)。
中には色っぽく歌い上げる曲もあり、その歌い回しも見事でした♪

最初に4~5曲ほど演奏してからMCを挟んだものの、それ以外は連続で歌っていました。
途中に衣装チェンジで引っ込むことこそあったけど、すぐに出てきて次の演奏をしていたほどでしたね。
中盤でバンドメンバー紹介があり、確かその直後だったかな・・・?
ここでMCが入って、メンバーそれぞれの「フェチ」について語っていました。
交互に発音を変えて「フェ~チ」なんて言ってるのが面白かった(笑)。
脚とか色々出たけど、印象に残ってるのは血管についてかな。。。
男の人の腕の血管が皮膚の表面に浮き出てる有様は、女にはないものだから~とか・・・。
それについて、会場に向かって「メモっとき~!!」って(笑)。
あとそのほか、横浜での公演は今回で2回目とのことで、今回の方が大きい会場ということから、埋まるかどうか不安があったとのこと。。。
まあ確かに、一般発売でも余裕で入手できるほどではあったし、当日券も出てたけど、ほぼ満席と言えるほどに埋まっていたから十分健闘ですよ☆

アカペラコーナーを中盤に持ってきている点は、4月に見たゴスペラーズと共通でしたね。
カバー曲を色々交えたメドレー形式でやっていました。
やっぱり生のアカペラはすごいなって思わされますよね♪
聴衆を一瞬で虜にさせ、圧倒させられる不思議な力があります☆

後半戦では、結構振り付けがハードな曲もありましたが、それでもしっかり声量豊かに上手く歌い上げており、やはりこれは10代だからこそだろうなって思いましたね。
声の安定感とか声量とかで見ても、アイドルとは全然レベルが違うなと思わされます。
YouTubeで事前に聴いたことがあった、知っている曲も出てきて、その曲は彼女たちの素晴らしい歌と共にストレートに心に響きました♪
これは涙腺緩むわぁ~・・・♪♪

アンコールに入ってからは、最初の曲で撮影可能とのお告げがあったので、持っているiPhoneで撮影させて頂きました。
数枚程度にするつもりだったものの、結局の所10枚以上に・・・(^_^;)
でも、滅多にない貴重な機会ですからね。

全てを終え、メンバーが退場して行った思いっきり直後、ステージに幕が下り、映像が映し出されました。
「重大発表」と文字が映し出され、11月のシングル発売決定と、来年2月3日(土)と4日(日)のライブが決定し、会場は横浜アリーナだと☆
初武道館を今年実現させてたし、もしかしたら横アリかな~なんて思ったら見事に的中でした(笑)。
そして、新曲「明日へ」のPVがフルで流され、トータル2時間半に及ぶライブが終演して行きました。

いやぁ~、本当に期待していた通りレベルの高いグループだなと思わされましたね!
それぞれになめらかで甘い歌声ながらカッコ良さがあり、音域もあって、リズム感も正確で、コーラスワークも素晴らしく、彼女たちは本物だなと思い知らされました☆
敢えて予習をせずに、曲をほとんど知らない状態で見に行った甲斐がありましたわ(笑)。
10代である今この時点でこれほどのレベルだから、これから更に表現の幅は広がり、伸びて行くこと間違いなしであると確信できます。
よくもまあ、ここまで歌唱力抜群の10代を集めたものだなと思わされますね♪
無限の可能性を秘めて、本当に恐ろしいモンスターになりそうで(笑)。。。
僕がガオラー(リトグリファンの名称)にもなってしまう日も遠くなさそうな気がしますし、少なくともアルバムについては買うこと決定です!
来年2月の横アリ公演は、誰かしら誘う形で2日間共見に行きたいものですね♪♪

DSCF5506.jpg

小田和正さん70歳♪

DSCF5507.jpg

本日は小田和正さんのお誕生日です!

もうすぐ還暦だなんて言っていた時代は今や10年も昔の話であり、とうとう70歳と、古希を迎えました。
あの時点で少年のような澄んだ高音の歌声を維持しているのはすごいと思ったものだけど、あれから10年経過し、70歳になった今でもその歌声を維持しています。
本当にすごいものだなと思わされますね☆
コンサートに行けば、涙を流しながら聴いている人があちらこちらにいるもので、それは小田さんの歌がどれほど素晴らしく、まっすぐに人の心に届いているかを表しています♪
見た目と歌声の若々しさは年齢を全く感じさせないもので、3時間のコンサートもこなしてしまうほどであり、70歳になったことが信じられないほどですね!

僕にとって小田さんは、達郎さんと並んで、音楽の素晴らしさを教えてくれた師匠的な存在です。
そこから派生し、まりやさんやマッキー、miwaさんなど、色んな人たちの音楽に触れるきっかけになり、コンサートも色々見に行くようになり、それが自分の趣味の中心になって行きました。
この人がいたからこそ、今の自分があるのです。
達郎さんと並んで、音楽好きになる上での原点であり、僕にとっての永遠のツートップです。
オフコース世代ではないけれど、この人と同じ時代を生きていられる現実に深く感謝ですね☆

お誕生日おめでとうございます♪

REBORN

DSCF5502.jpg

山下達郎さんのニューシングル「REBORN」が9月13日(水)に発売されました☆
僕は、前日の内に早速購入しました。
世の中で俗に言う「フラゲ」というヤツです(笑)。

今年の全国ツアーのMCで、達郎さん本人から発売が公言されていました。
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」主題歌で、元から物語内でタイトルが決まっていた「再生」という楽曲を、劇中で最初にハーモニカで演奏し、次に登場人物の女の子が歌い、そしてエンディングで達郎さん自身が歌うというもの。。。
達郎さんの長いキャリアの中でも1~2を争うほどの難しい注文であり、歌詞を書き換えたりするなど試行錯誤を繰り返し、完成までに1ヶ月半もの時間が要されたとのこと・・・。
それによって、達郎さんの今までの曲にはなかった、死生観を表現した曲が出来上がったと♪

聴いて思うのは、達郎さんの歌声が歌詞を見事に引き立てていて、表現している有様は聴く人の心を震わせるものがあるということですね。
特徴的な美声と相まって、聴いていて涙を誘うものがあります・・・。
恐らく、次のツアーでは「クリスマス・イブ」の次に演奏されそうな気がしますね。
「蒼氓」と「希望という名の光」の流れから考えたら、それらに継ぐのはこの曲ではないかな・・・?

カップリングには、門脇麦さんが劇中内で「セリ」として歌っている同曲と、ハーモニカで演奏された同曲に加え、達郎さんのライブ音源が収録されています。
最新ツアーから「ターナーの汽罐車」と、昨年10月の新宿LOFT公演から「DRIP DROP」で、いずれも3人によるアコースティック構成です♪
達郎さんのシングルであると同時に映画のサウンドトラックとしての機能もあり、これによって両方の条件を満たしています☆
シングルながらも豊富な内容で、これで税抜き1200円だからお得感がありますよ!

そして、予約特典としてステッカーも付いてきました↓↓↓

DSCF5501.jpg

まさかの応募特典もあります。
どれにするかは要検討(笑)。。。

海が季節を繋いで 2017

DSCF5484.jpg

8月17日(木)に、三浦海岸のOTODAMA SEA STUDIOへ行って参りました!
今年もmiwaさんを目的に(笑)♪

毎年夏の時期にオープンしている音霊☆
今年は近年定例の由比ヶ浜に加えて、三浦海岸も加わりました。
この音霊に、miwaさんは毎年出演していて、僕は昨年まで2年連続で見に行きました。
そして、今年は三浦海岸で出演すると聞き、どうしようかと考えた末、他にHYも出ることを考えると見てみたいなと思ったので、また今年も見に行くことに決めました♪
しかしながら、神奈川在住の僕でも、場所的にかなり奥に当たる三浦海岸に行くのは今回が初めて。。。
実際に行ってみて、場所自体はそれなりに聞いてはいても、思ったよりも遠くて、こんなに遠かったんだなと改めて思い知らされました。
何せ、よこすか芸術劇場のある汐入さえも通り過ぎて更に奥まで行ってしまうほどですからね。
京急線の終点に当たる三崎口の1つ手前という点でも、如何に遠い場所であるかが伺えます。
同じ神奈川県と言えど、この辺にはあまり縁のないものでして・・・。

そんなわけで、3年連続で音霊へ行くことになりました。

DSCF5474.jpg

8月に入ってからの関東近辺は雨の日が続いていました。
そんな中で、この日は雨が降ることなく、8月初めて晴天に恵まれることになりました。
miwaさんの晴れ女振りが存分に発揮される形になりましたな(笑)。

DSCF5485.jpg

最初にオープニングアクトのエグスプロージョンが登場!
その次に芸人のジャルジャルが登場してコントを披露していました。
その後にクレイ勇輝さんの番となりました!
自身の曲以外にも、加山雄三さんの「お嫁においで」も披露していました♪
あと、キマグレンの「LIFE」もやはりやりましたね☆

そして、お目当てのmiwaさんの出番となりました!!
恒例のアコースティック構成で、1曲目は定番の「君に出会えたから」♪
それに続くのが新曲の「シャイニー」、そして現在爽健美茶のCMに使われている「アンダー・ザ・シー」のカバーを初披露しました☆
海辺のこの場所での初披露で実にピッタリでしたね♪
英語詞でほとんど分からなかっただろうけどなんてボソッと話していて、まあそれは仕方ない(笑)。

MCを挟んでから演奏されたのが、今年のツアーで1曲目だった「泣恋」でした。
その後もレア曲が続くこととなり、2曲連続でファーストアルバムの曲を久し振りに持ってきました。
「リトルガール」の時点でかなり久々なのに、それに続くのがなんと「ありえない!!」でした!!
いずれもかつてはそれなりに演奏されてたものの、曲が増えた近年は外されてすっかり演奏される機会が減ってしまっていた曲です。
特徴的なギターカッティングのイントロですぐに分かる2曲であり、イントロから反応させられましたよ☆
恐らく両方共、演奏されるのは2014年の39ライブ以来ではないかな・・・?
「ありえない!!」はmiwaさんによる高速ギターカッティングから始まる曲で、エレキでやるのが標準だから、アコギでこれを見るのも初めてだな~なんてことも思いながら。。。

そして最後が今年発売のアルバムのリード曲で「SPLASH」でしたと!
全体を通して変化球的な選曲で、一見さんには若干マニアックな選曲だったかもしれませんが、ファンである僕にとっては、お決まりパターンとは違ったことで新鮮さを感じられ、久し振りに聴けた嬉しさもあり、ツボを的確に突いた選曲だったと言えますね♪
なので本当にあっと言う間に時間が過ぎて行きましたよ☆
3年連続で見たわけですが、今回が間違いなく最も深く印象に残りましたね。

最後は他に注目していたHYが登場!
曲はほんの一部しか知らないのですが、その知っている曲についてはとても印象に残っていたし、他にどんなものなのか触れてみるのも良いかなと思ったのが、今年も音霊に行くことを決めた理由です。。。
思ったのは、これまで仲宗根泉さんがボーカルをやるイメージが強かったのですが、実際は新里英之さんがほとんどの曲のボーカルをやっているのだなということ・・・。
まあ、あまり知らないし、今回がたまたまそればかりだったということもあるかもしれませんが。。。
あと、仲宗根さんは自身について、miwaさんに男性ファンが多い一方、自分には男性ファンがあまりいないなんて自虐的に話していました(笑)。

全員それぞれ終えた最後の最後にアンコールもあり、HYに加えて、クレイさんとmiwaさんも再登場!
スペシャルコラボで、HYの「366日」が演奏されました!!
これはHYの曲で一番聴きたかった曲であり、思わぬ形で持ってきてくれたのは嬉しかったし、しかもmiwaさんの歌声でも聴けたのはとても貴重なことであり、大きな収穫だったと言えますね☆

こうして、全てを終えて行きましたと!
他の人たちとの組み合わせについては、ゴスペラーズに触れるきっかけになった意味でも一昨年が一番良かったけど、miwaさんの部分に限定すれば今年が間違いなく一番良かった☆
しかも、他に出てる夏フェスなどに比較してみてもやはり変化球的な選曲だったようで、それが自分の見に行く音霊だったのは実に幸運だったと言えますね♪
今年はどうするか迷った部分もあったけど、見に行って本当に良かったわ~♪♪

DSCF5476.jpg

野菜フレンチ ビストロ サブリーユ

新潟で達郎さんのライブを見た翌日のこと・・・。
新潟駅から2時間以上かけて上越へ向かい、とあるレストランへ行きました。

DSCF5444.jpg

http://ca-brille.com/

野菜フレンチレストラン「サブリーユ」です!
古民家を移築再生して作られたビストロで、ご夫婦で営まれています。
僕は、こちらの奥様と共通の趣味でかつて交流していました。
そして、その共通の趣味をきっかけとして旦那様と出会われて、結婚されました☆
その後、ご夫婦でレストランを営まれていることを知ることになったのですが、調べてみたら、ここで出されている料理は野菜を中心に添えた美味しそうなものばかりでした。
ピーマンのパフェなど、野菜を使ってパフェを作るという独創的で斬新な発想もあり、全体的に見ても料理の創作性とセンスの良さを感じられました♪
そのほかにも、無添加の天然素材にこだわるなど、体にやさしい料理にしようとする努力も感じられ、これらの要素が僕にとってのツボを的確に突いていました(笑)。
そのことで、前からきっかけがあったら1度行ってみたいと思い続けており、新潟自体行ったことなかったので、今回の達郎さんのコンサートをきっかけにして、新潟行きを決行することにしたのです☆

DSCF5445.jpg

ドリンクはスムージーにしました。
生ビーツとバナナのスムージーで、甘さが丁度良くて美味しかった☆
もしかしたら、今までに飲んだスムージーの中で一番美味しかったかもしれない♪

メニューはコースになっていますが、季節毎に出されるものが変わります。
画像が多くて長くなるので、ここからは追記部分に書くとしましょう↓↓↓

続きを読む

PERFORMANCE 2017 新潟県民会館

DSCF5433.jpg

7月13日(木)に、山下達郎さんのライブを新潟県民会館へ見に行って参りました!

なぜ新潟行きを決行したのかと言えば他でもありません。
一緒に他の人と見に行こうと、関東公演を色々申し込んで試してみたものの、やはりホールでしか公演を行わない故に、毎回激戦を極める達郎さんのチケットは落選ばかり・・・。
そのことで、これをきっかけに旅行でも行こうという話を持ち掛けた所、その方からの了承を得られ、過去に一般発売でも余裕でチケットを入手できるほどであったことと、僕自身が行ったことのない場所であるということから新潟にしました。
そしたら僕の狙い通り、無事にチケットを入手に至ったのです。
ちなみにその方は昨年の中野サンプラザ、そして今年のNHKホールをそれぞれ一緒に見た元同僚☆
達郎さんで遠征をするのは、2013年のツアーでの大阪フェスティバルホール公演以来です。
あの場所でもまた見てみたいなと思うもの。。。

そして僕は今回、達郎さんの服装を真似してみようと思い立ち、今回のために黄色一色のシャツとニット帽を取り寄せ、ジーンズでシャツインにし、ベルトを付けた服装にしました☆
これでステージに立つ達郎さんに扮した状態に(笑)。

18時30分開演とは言え、やはり真夏のこの時期で、しかもかなりの晴天ということもあり、開演時間の迫ったタイミングでも会場周辺は昼間同然の明るさでした。
ホテルから会場に行くまでが暑かった~(^_^;)

さてさて、今ツアーも来月までであり、関東公演が全て終わってしまった昨今、今回の新潟公演で、今ツアー最後の参戦になることがほぼ確実となりました。
そういうことで、ここから先は曲のネタバレを含んだレポートにさせて頂きます。
今後見に行かれる予定の方へ配慮し、続きは追記部分に書かせて頂きます↓↓↓
従いまして、今後の公演を見に行かれる予定の方で、まだ今ツアーの公演を見に行かれていない方には、ご自身の責任で読むか読まないかのご判断をお願い致します。

続きを読む

Appendix

プロフィール

とれいん

Author:とれいん
神奈川県横浜市在住
1988年7月生まれ
男性

俳優
 堀北真希
 比嘉愛未

音楽
 小田和正
 山下達郎
 竹内まりや
 槇原敬之
 miwa

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる