Latest Entries

野菜フレンチ ビストロ サブリーユ

新潟で達郎さんのライブを見た翌日のこと・・・。
新潟駅から2時間以上かけて上越へ向かい、とあるレストランへ行きました。

DSCF5444.jpg

http://ca-brille.com/

野菜フレンチレストラン「サブリーユ」です!
古民家を移築再生して作られたビストロで、ご夫婦で営まれています。
僕は、こちらの奥様と共通の趣味でかつて交流していました。
そして、その共通の趣味をきっかけとして旦那様と出会われて、結婚されました☆
その後、ご夫婦でレストランを営まれていることを知ることになったのですが、調べてみたら、ここで出されている料理は野菜を中心に添えた美味しそうなものばかりでした。
ピーマンのパフェなど、野菜を使ってパフェを作るという独創的で斬新な発想もあり、全体的に見ても料理の創作性とセンスの良さを感じられました♪
そのほかにも、無添加の天然素材にこだわるなど、体にやさしい料理にしようとする努力も感じられ、これらの要素が僕にとってのツボを的確に突いていました(笑)。
そのことで、前からきっかけがあったら1度行ってみたいと思い続けており、新潟自体行ったことなかったので、今回の達郎さんのコンサートをきっかけにして、新潟行きを決行することにしたのです☆

DSCF5445.jpg

ドリンクはスムージーにしました。
生ビーツとバナナのスムージーで、甘さが丁度良くて美味しかった☆
もしかしたら、今までに飲んだスムージーの中で一番美味しかったかもしれない♪

メニューはコースになっていますが、季節毎に出されるものが変わります。
画像が多くて長くなるので、ここからは追記部分に書くとしましょう↓↓↓
スポンサーサイト

続きを読む

PERFORMANCE 2017 新潟県民会館

DSCF5433.jpg

7月13日(木)に、山下達郎さんのライブを新潟県民会館へ見に行って参りました!

なぜ新潟行きを決行したのかと言えば他でもありません。
一緒に他の人と見に行こうと、関東公演を色々申し込んで試してみたものの、やはりホールでしか公演を行わない故に、毎回激戦を極める達郎さんのチケットは落選ばかり・・・。
そのことで、これをきっかけに旅行でも行こうという話を持ち掛けた所、その方からの了承を得られ、過去に一般発売でも余裕でチケットを入手できるほどであったことと、僕自身が行ったことのない場所であるということから新潟にしました。
そしたら僕の狙い通り、無事にチケットを入手に至ったのです。
ちなみにその方は昨年の中野サンプラザ、そして今年のNHKホールをそれぞれ一緒に見た元同僚☆
達郎さんで遠征をするのは、2013年のツアーでの大阪フェスティバルホール公演以来です。
あの場所でもまた見てみたいなと思うもの。。。

そして僕は今回、達郎さんの服装を真似してみようと思い立ち、今回のために黄色一色のシャツとニット帽を取り寄せ、ジーンズでシャツインにし、ベルトを付けた服装にしました☆
これでステージに立つ達郎さんに扮した状態に(笑)。

18時30分開演とは言え、やはり真夏のこの時期で、しかもかなりの晴天ということもあり、開演時間の迫ったタイミングでも会場周辺は昼間同然の明るさでした。
ホテルから会場に行くまでが暑かった~(^_^;)

さてさて、今ツアーも来月までであり、関東公演が全て終わってしまった昨今、今回の新潟公演で、今ツアー最後の参戦になることがほぼ確実となりました。
そういうことで、ここから先は曲のネタバレを含んだレポートにさせて頂きます。
今後見に行かれる予定の方へ配慮し、続きは追記部分に書かせて頂きます↓↓↓
従いまして、今後の公演を見に行かれる予定の方で、まだ今ツアーの公演を見に行かれていない方には、ご自身の責任で読むか読まないかのご判断をお願い致します。

続きを読む

29歳

今年もこの日がやってまいりました。
七夕であり、僕の誕生日でもある7月7日が。。。

とうとう僕も29歳と、20代最後の年齢となりました。
いよいよ来年で三十路を迎えます。
従兄弟全体でも末っ子の自分だけど、気付いてみたら身の回りに年下の人がかなり増えました。
直接仕事で関わっている人たちだけでなく、店員さんなど、出先で仕事をしている人たちや、テレビに出ている芸能関係者も、年下が珍しくなくなってきました。
社会人デビュー当初に一緒に仕事をしていた周囲の先輩たちの当時の年齢にもとっくに追いついてしまっていて、そういう時代なのだなと痛感させられるものです。。。

若くなくなって行く寂しさはあるものですが、年齢の数だけ、自分が無事に生きてこれた証でもあります。
今年に入ってから、若い芸能人の訃報が相次ぎました。
私立恵比寿中学の松野莉奈さん、そしてフリーアナウンサーの小林麻央さん・・・。
松野莉奈さんは致死性不整脈による突然死で、まだ人生の半分すら終えてなかったはずの18歳でした。
そして、小林麻央さんは乳がん闘病生活の末で先月にとうとう力尽き、34歳の若さでした。
彼女たちはこれによって、本当の意味で「永遠の18歳」と「永遠の34歳」になれたと言えます。
だけど、そんなことは決して良いこととは言えないわけです。
別に彼女たちの生前が不幸な人生だったとは一切思いません。
それぞれに芸能界で成功して大活躍していたわけだし、子宝にも恵まれるなど、生前の人生についてはとても幸せであったと思います。
だけど、彼女たちだって、自分がこんなに若くして亡くなる運命であることを望んでなかったのは間違いないし、100歳までとは言わなくても、一定の年齢まで生きていたいとかはあったことでしょう。
その時はその時だと割り切るにしても、その一定年齢にすら到達できず、短い人生を終えることになってしまった意味で、彼女たちの無念さは計り知れないものがあったことと思います。
何でも長ければ良いわけではないにしても、僕はそうなるくらいだったら、ジジイになるまで長く生きて行きたいと思うわけです。

歳を取ったなんて言っているうちは、まだ本当の意味で歳を取っていない。
本当に歳を取ったら、自分で歳を取ったなんて言わなくなる。
更に歳を取れば、むしろそれを自慢するようになる。


これは、森光子さんが、当時50代半ばだった達郎さんに言った名言です。
本当にその通りだなと思いますね。

こうして、当たり前のように生きていられる現実がどれほど素晴らしく、かけがえのない幸せなことであるかを忘れずに、これからの人生も楽しんで行けたら良いなと思います。
そして、20代最後の年齢ということで、今だからできることを忘れず、有意義に過ごして行きたいと思うものですね。

miwa ARENA tour 2017 “SPLASH☆WORLD” さいたまスーパーアリーナ

19225230_1786945984951036_6096565169167547267_n.jpg

6月17日(土)と18日(日)の2日連続で、miwaさんのライブをさいたまスーパーアリーナにて♪
横浜アリーナで見てから僅か1週間で再び見に行くことになりました。
中野で見た達郎さんを含めたら今月だけで4公演もコンサートを見ているというね(笑)。
これらに加えて、達郎さんの大宮も見に行くかもしれなかったわけだし、この時期に集中するからこそ、冬に見に行くのを自粛していたわけですからね。。。

僕がここに訪れるのは、昨年6月の小田さん以来のことです。
しかも何気にその時の2日目公演の日がmiwaさんの誕生日だったりもしてね(笑)。
あれからほぼ丸1年経過し、miwaさんにとって初めての埼玉公演で再び訪れることになりました。

miwaさんの場合、日曜の公演はライブにしては早い時間帯に開催する傾向があります。
しかしながら、今回のアリーナツアーの日曜公演は特に早く、その前の横アリこそ日曜公演ながら17時開演だったものの、それ以外は埼玉2日目を含めた全てが15時開演でした。
同じ日に2回やるわけでもないのにこんなにも早い時間帯での開催で、過去を遡ってみても渋谷物語2日目とアコギッシモ武道館2日目共に16時開演で、そのほかを確認してみても16時開演がほとんどでした。
これまで色んなライブを見てきた僕にとっても、15時開演は単独ライブとしては異例の早さです(笑)。
だから変な感じもしたけど、ライブ開催時間は本来の夕食の時間と被ることから前後に調整しないといけなくなり、結果として変な時間の食事になってしまいがちです。
そう考えるとかえってこの方が丁度良いかなとも思うものです。。。

そして、横浜公演と同様、今回の埼玉公演もファンクラブ枠で申し込みました。
そのことから、2日共アリーナ席に恵まれ、1日目もBブロックでセンターステージが近かったし、特に2日目はAブロックで6列目という良席に恵まれました☆
やっぱりファンクラブは違うなと思わされます♪♪
しかしながら、上のスタンドまでびっしり埋まっていた横アリとは対照的に、今回はアリーナと1階スタンド(200レベル)のみの開放で、上の階のスタンド(300レベル以上)は一切解放されていませんでした。
やはりこれも、全体的に開催直前までチケットを余裕で入手できるほどだったからだろうな。。。

さてさて、さいたまスーパーアリーナは今回のツアーの最終地であり、2日目公演が千秋楽でした。
よって、ネタバレ全開なレポートを堂々と書かせて頂くとしましょう(笑)。

やはり進行としては横アリと同様で、「泣恋」からしっとりとしたスタートとなりました。
それに続くのが「シャンランラン」で、手拍子やワイパーをしながらも比較的静か目な程よい盛り上がりで、明るく幸福感たっぷりでした♪

miwaさんにとって、さいたまスーパーアリーナはもちろんのこと、埼玉公演自体今回が初めて☆
しかしながら、ここで過去に色んな人のライブを見てきたようで、他にもさだまさしさんのライブにゲスト出演して「miwaまさし」としてコラボしたとのこと。。。
その時は円形のセンターステージだったことから、見る景色が違うとも♪
あと、前からアンケートで埼玉に来て欲しいという声があったようで「来れたよ」って☆
ここで、アリーナとスタンドそれぞれに呼び掛けていましたが、音の響きが横アリと違うと話していました。
2日目公演は映像収録があり、カメラの台数は21台だとか!
翌週のエムオンで放送予定なのは既報だったけど、miwaさんの口から「DVD収録」との発言があったので、映像作品としてのリリースはほぼ間違いないのかなと思いますね。

ここで演奏されたのが「Princess」と「君に出会えたから」♪
「Princess」について、どうやらお母さんが「この曲はまゆみっくすガン見だね」と話していたとか(笑)。
でも、見ながら踊ってもこの曲の振り付けは結構難し目。。。
だから僕はちょっとやっただけで諦めました(^_^;)
どっちかと言えば、miwaさんのマンドリン演奏に注目かな♪
そして、「君に出会えたから」は今やすっかりライブの定番曲!
タオル回しと掛け声をしっかりやらせて頂きました♪
一気にヒートアップしたことから、1日目ではスタッフさんに冷房をお願いしていました(笑)。

確かマネージャーさんとスタイリストさんの3人だったのかな・・・?
大阪で、ペットショップの後にストレッチ専門店に行った。
しかしながら1人しか空いてないことから自分だけストレッチをすることになった。
そしたらその時に「お父さんとお母さんいなくなったけど大丈夫?」なんて言われたって(爆)。
もちろん「大丈夫です」と答えたって(笑)。。。
ちなみにそのスタイリストさんは3つ年上って・・・それしか年齢差ないのに(^_^;)
あと、去年の誕生日はお風呂で迎えたものの、今年の誕生日は前日に寝落ちしてしまい、気付いた頃には夜中1時になっていたことから、寝落ち状態で迎えたご様子。。。
そのことから、27歳はドリームイヤーだと、慰めるように自分に言い聞かせた(爆)。

2日目はパンオブザイヤーで入賞したという「乃が美」の生食パンを公演前に食べて、更にはメロンパンも食べたことからパンばっかり食べすぎたようでおにぎりを食べてないとか(笑)。
そのほか、ドラムのよっちさんのお母さんが1日目にお赤飯を作って、おにぎりにして持ってきてくれていたようで、スタッフの分までmiwaさんが食べてしまったとも(^_^;)
ちなみによっちさんのお父さんはカースケさんというドラマーで、サザンとも関わっているって!!
そのカースケさんがいると必ず赤飯が用意されてるとも。。。

今回出したアルバムは水をモチーフにしていて、会場でも本物の水を用意して循環させている。
ここで、その水が循環しているセンターステージに移動し、アコースティックコーナーをやると♪
そこへ移動するまでの間にお客さんと交流したりいじったりしていました(笑)。
映画の葵海と同じ服を着ている女の子が2人いたり、通路を挟んで隣同士の人が新潟出身同士だったり、それをきっかけとして当人同士が新しい友達になったり、カップルができたりと、思わぬことが結構あり、更には公開プロポーズまでありました!
近くに同じ県出身の人がいたケースは2日目にも結構あって、キョードー東京さんが狙っているのではないかなんて話していましたね(笑)。
あと、やはり横浜で話していたように、さいたまスーパーアリーナは水圧がイマイチで最も低く、溜めるのに5時間かかったって。。。

このコーナーの1曲目が、アルバム曲の「変わらぬ想い」であったのは横浜と変わらずでしたが、その後の「SPLASH☆WORLD」以外からのセレクトが変わっていました。
1日目が、土曜の公演であることから「ふたりのサタデイ」と「春になったら」♪
「ふたりのサタデイ」は久々だったなぁ~♪♪
あと「春になったら」は1番のサビ直前で歌詞が飛んでました(^_^;)
静かに聴くコーナーでありながらもみんな立ち始めて盛り上がっていましたな☆
そして2日目は横浜と同じ流れで「コットンの季節」と「Chasing hearts」でした♪
調べてみると、土日公演のみの今回のツアーでは、このコーナーだけ土曜と日曜それぞれで曲を変えて曜日固定させる形を取っていたようですね。
しかしながら、2日目でも、曲こそ違えど同じタイミングの「Chasing hearts」で歌詞間違えが(^_^;)
歌詞を間違えた時の気持ち的な動揺は、一瞬とは言え結構なものだろうに。。。
でも、しっかり上手く歌い切っていましたし、歌として聴かせる姿勢を感じられましたね。

メインステージに戻る時もお客さんと交流していましたね。
1日目にいた、2011年のTシャツを着ていた人への対応が「分かった分かった」とかなり冷たい返し方で、さすがにそれはひどいわ~(^_^;)
あと、2日目には横浜アリーナで見に来ていた男の子がいて、「441で泣いてた子だ~」とmiwaさんに気付かれたらまた泣き出していました(笑)。

メインステージに戻り、人の想いにまつわる曲をやると話していました。
その時は実らなくても、次は他の人からその想いをもらうこともあり、水と同じように気持ちも循環する。
いつか届くと良いなと・・・。
ここで演奏されたのが「めぐろ川」でした♪
アコースティックコーナーに続いて、ファンになる上での要の曲が出てきて、僕にとってのツボを突いた選曲だったと言えますね。
それに続くのも「サヨナラ」、「夜空。」と、じっくり聴き入る時間が続きました。

ここで、映画「君と100回目の恋」の映像を挟み、葵海の赤い衣装に着替えて登場。。。
「アイオクリ」が演奏されました。
この映画は、miwaさんにとって大切な作品になったし、葵海にしか書けない曲も書けた。
次の曲は、葵海として陸へ向けて歌いますと話し、「君と100回目の恋」が演奏されました。
目に涙を浮かべながら聴き入りましたね・・・♪

そしてここでは現在から過去へ遡り、また現在へ戻って行く映像が流れ、「ATTENTION」で後半戦がスタートして行きました。
哲学的な歌詞ながらもタオル回しで盛り上がる「Faith」、エレクトロサウンドの「B.O.Y」、「ヒカリヘ」、そしてアルバムリード曲「SPLASH」へと続きました。
「SPLASH」では、ステージ前で雨と噴水の演出があり、事前に公式Twitterで「miwa史上最大の演出で」と書いてあったのはこういうことだったのだなと思わされましたね。
横浜アリーナではやってない演出でした!
そんな中で、声量豊かに伸び伸びと歌い上げる様は見ていて爽快でしたよ☆

みんなと一緒に「SPLASH☆WORLD」を完成できた。
このアルバムをずっと忘れずに聴いてくれたら、そしてこれから先、何十年も、10~20年先も音楽を一緒に楽しめたら良いなと思います。
その思いを込めて歌うと話し、本編最後に演奏されたのは、壮大な珠玉のバラードナンバー「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」でした♪
この曲が発売された当時は、僕自身に色々と重なる出来事があって精神的に辛い時期でした。
その当時のことも思い出すし、歌詞の内容も相まって熱く込み上げてくるものがありましたね。
再び目に涙を浮かべながら聴き入りました・・・♪

アンコールは2日共グッズのレインポンチョを着て再登場していました。
埼玉だけ本物の水がスプラッシュして、ステージがビショビショ(^_^;)
だから、自分は滑らないように飛び跳ねないと話し、「シャイニー」が演奏されました。
レインポンチョを着ながらギターを弾くという(笑)。
あと、今回のツアーでもmiwaさんの晴れ女振りは発揮されていたようで、仙台では雨が降ってしまったものの、その他では降らなかったとか・・・!

そして、映画ドラえもんの主題歌「360°」と、すっかりライブの定番曲になった「ストレスフリー」ではトロッコに乗ってアリーナを1周☆
振り付けやタオル回しなどで盛大に盛り上がりました!!
「360°」では鉄砲でスタンド席に向けてグッズを飛ばしていました。
「ストレスフリー」ではツアーグッズのマフラータオルを何枚も何枚も投げていました。
しかしながら、2日目では自分の分まで投げちゃったって・・・(^_^;)
だからそれだけはサインが入ってないとのこと。。。
ある意味貴重かもしれないけど(笑)、サインの入ったタオルをもらえた人は良いなと思いますよね☆
1周して、おばあちゃんやお母さん、親戚、お友達など、色んな知り合いの顔も見たって(笑)。

ここでメンバー紹介をやるものの、1日目はキティちゃんと笠原秀幸さんがサプライズで登場!
27歳になってから初めてのライブということで、お祝いで来てくれたと☆
あと、2日目には39ライブの告知がありましたね。
もうチラシで見たかと思いますが・・・と話していて、入場時配布のチラシ一式を実際に見てみたものの、39ライブのチラシはなかった。。。
どうやらmiwaさんの勘違いだったようで、訂正していましたね(笑)。

そして大トリは全員合唱での「結」でしたと♪
2日共、ほぼ3時間に及ぶライブでしたね。
2日目は千秋楽だったものの、miwaさんは涙を見せずに退場して行きました。
ちょっと珍しいかもな(笑)。

位置的なものかもしれませんが、耳を傾ける方向によっては変な反響が目立つ部分があって、音響的には横浜アリーナの方が良かったかな・・・?
センターステージで演奏するアコースティックコーナーの時に、後ろを向きながら聴いていたらそれをすごく感じて、演奏がズレそうだなと余計な心配をしてしまったほどでした(^_^;)
まあでも、横浜アリーナでももしかしたら同様のことが言えてた可能性だって否めないし、座席位置は今回の埼玉の方が確実に良かったと言えますが、音響的には横浜アリーナでの座席位置が一番良かったのかもしれませんね。

そして、今回特に思ったのは、選曲の良さ、そして良質な音楽としてしっかり聴かせる姿勢を強く感じられたことも含め、事前の期待を上回るほどに素晴らしかったことですね。
改めて、miwaさんが本物であることを確信させられました。
ファンとして、これからも付いて行きたいと思わされるものですね♪

会場出口で、39ライブのチラシが配られていました。
この時の2日目公演の日は、晴れ女のmiwaさんとしては珍しく雨の降る日となり、開演前はまだ降っていなかったものの、終演後には雨が降っていました。
でも、水がテーマになっているアルバムを引っ提げたツアーの千秋楽だったわけだし、テーマ通りで運命的な感じもして縁起の良い終わり方だったとも取れますね☆

では、追記部分にセットリストを載せることとします↓↓↓

19149359_1786946058284362_6157463124166189131_n.jpg

続きを読む

miwa ARENA tour 2017 “SPLASH☆WORLD” 横浜アリーナ

DSCF5408.jpg

6月11日(日)に、横浜アリーナでmiwaさんのライブを見て参りました!

達郎さんの中野サンプラザでの余韻も醒めないまま、僅か2日で次のライブを見に行き、しかも世代が大きくかけ離れているmiwaさんというね(笑)。
でも、J-POPのシンガーソングライターという共通点があり、音楽好きの父親の影響で、洋楽や70~80年代の邦楽など、これまで色んな音楽に触れてきたmiwaさんです。
そんなmiwaさんが聴いてきた中に、小田さんも達郎さんもまりやさんもマッキーも入っていますからね。
だから通ずる部分があるのです☆

ここでmiwaさんがライブをやるのは、2年前のONENESSツアーの千秋楽以来2年振りのこと。。。
誕生日当日のライブで、ファンが集って盛大にお祝いしたのを思い出します♪
そして、更に遡ると2014年のクリスマスイブに行われた39ライブもここで、それがmiwaさんにとって初めての横浜アリーナでしたね。
僕はそれらを両方共見に行き、そして今回も無事に見に行くことができました☆
そして、僕が横浜アリーナに来るのは昨年末の桑田さん以来のことです。
昨年は小田さんも見れたし、9年前の2008年に小田さんのライブで本格的なコンサートを初体験し、その後も色んな人たちを見てきた思い出深い場所♪
ここでまたmiwaさんを見れる日が来たことをとても光栄に思います☆

miwaさんのライブとしては、昨年11月の三田祭前夜祭以来ですね。
その間にmiwaの日のイベントに当選してeggmanで見れる奇跡にも恵まれましたが、あれは招待イベントだったので、本格的な単独ライブとしては半年以上のブランクがありました。
これはちょっと意外かな。。。

開場前に先行販売でグッズを購入☆

DSCF5409.jpg

今回のツアーでの特典を目的に、まだ購入していなかったビジュアルブック「SPLASH☆RHYTHM」と、ご当地デザインのラバーキーホルダーを買いました。

DSCF5410.jpg

中華街の肉まん或いは焼売、そうでなければ小籠包辺りかな・・・?
食べ物をモデルにしているのはmiwaさんらしい(笑)。

今回、普通のツアーとして初めてファンクラブ枠で申し込みました。
その結果、見事にセンター席に恵まれましたね♪
今まではCD先行での申し込みがほとんどだったのですが、それが意外と当てにならないもので、狙った公演のほとんどを確保こそできていたものの、座席にはあまり恵まれてきませんでした。
今回はファンクラブ枠であることからチケットも特別仕様だし、申し込んだチケットの座席を見た時は、さすがファンクラブだなと思わされましたよ☆

さて、ここからは曲のネタバレを含んだレポートにさせて頂くとしましょう。
この時点で埼玉公演を残すのみとなりましたが、まだ完全には終わってないツアーということで、追記部分に書くことで配慮させて頂きます↓↓↓
埼玉公演を見られる方は、ご自身の判断で読むか読まないかのご判断をお願いします。

続きを読む

miwaさん27歳♪

DSCF5409.jpg

そして本日はmiwaさんのお誕生日!

小柄な体でかわいらしい外見から少女のイメージの強いmiwaさんも、とうとう27歳です。
本格的に20代後半になりましたね。
その間に、歌唱表現力はどんどん増しており、これからが本当に楽しみです♪

お誕生日おめでとうございます☆

比嘉愛未さん31歳☆

DSCF4925.jpg

比嘉愛未さんのお誕生日!

「どんど晴れ」からも丸10年かぁ~。。。
ドラマが始まった当初は二十歳だったことを考えると、本当に時が流れたものだなと思わされますね。

お誕生日おめでとうございます♪♪

Appendix

プロフィール

とれいん

Author:とれいん
神奈川県横浜市在住
1988年7月生まれ
男性

俳優
 堀北真希
 比嘉愛未

音楽
 小田和正
 山下達郎
 竹内まりや
 槇原敬之
 miwa

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる